2007年01月28日

『聴かれた女』

聴かれた女.jpg

『聴かれた女』公式サイト http://www.kikaretaonna.com/




試写会見てきました。
友達誘って行こうと思ったのですが、
ちょっとエロちっくな感じがしたので
誘っていいものかどうか迷っているうちに面倒になって、
結局誘うのやめてひとりでいってきました(^^;

京橋駅前にある映画美学校の試写室。
場所が分かりづらい・・・。
詳細地図持って行っておいてよかった・・・。
入り口に「聴かれた女」のビラが貼ってある看板が立っていたが、
一緒に、いかにも成人映画のようなタイトルが
並んだビラも貼ってあった。タイトル忘れましたが・・・。
写真撮ってくればよかったな(^^;

こういう場所で映画観るのは初めてで
居心地がいいんだか悪いんだか(^^;

-----
「聴かれた女」
監督・脚本:山本政志
   出演:蒼井そら、大野慶太、加藤裕人、西野翔 ほか

若者たちの"リアル"な欲望を描くエロポップ・サスペンス登場!!

あるマンションに引っ越してきたリョウは
薄い壁を隔てた隣室から聞こえてくる
サツキが立てる音、声に気づき、
壁に耳を当てるだけでは気が済まずについに盗聴を始めたが・・・。
-----


リョウと友達の会話はちょっと恥ずかしくなるような
ムズムズ感が・・・。
本当に本当の実際はそんな感じで話してるんだろうけど、
スクリーンの中で見ると
すごくわざとらしい感じの会話に聞こえる・・・(^^;

最初は興味本位だったリョウの盗聴は、
だんだんエスカレートして、
サツキが捨てたゴミを漁ったり、
行動パターンをメモしてカレンダーを作り、
彼氏の雄太が来る日、生理が来た日など事細かにメモしていく。
(ストーカーだよ・・・)

サツキの部屋にかかってくる
ボイスチェンジャーを通した声の電話。

「オマエヲメチャクチャニシタイ」

この電話の主はすぐに分かったが、
サツキに気づかせずに別れさせるように仕組んだ
一芝居のくだりは面白かった。
客席は声を上げて笑っている人たちも一部いたが、
そこまでではなかったかな。
室内も屋外も声が全部同じように聞こえた。
母親のシーンは必要だったのか?

主演、蒼井そらは結構自然な感じでよかった。
嬢王に出てたあのヒトだよなぁ・・・?
とか思いながら。

"エロポップ"は心配したほどではなかったので
友達連れてきてもよかったかも(^^;

上映が終わって、監督が出てきて挨拶?してた。
盗聴のプロの役で出てた人だ!
「このあと飲みに行くんで、そこで話しましょう。割り勘ですが。」
だって。ビックリ(笑)

へえ、監督と飲めちゃうんだ?
と思ったけど、帰ってきた(^^;
なんとなく、学生時代に籍を置いていた、映画研究部を思い出した。
試写会だったんで、いい経験できました(^^;
1800円出して映画館で観るかというと話は別かもなー。
「聴かれた女」というタイトルだと女性は観に行きづらいかも?
(んなことたぁないか?)
でもねぇ・・・
ポスターも"エロポップ"な雰囲気むんむんだしなぁ・・・(^^;
最近は「ストロベリーショートケイクス」とかも
映画化されてるし、そんなの別に関係ないのかしらね。



-----

・・・ということで、ブログ開設者向け試写会でした。
うーん、いろいろと勉強になったなぁ。貴重な体験でした。

監督、俳優のみなさん、スタッフの皆さん、これからも頑張ってください!
もっと読む
posted by もとり at 23:45| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

『007/カジノ・ロワイヤル』

007/カジノ・ロワイヤル

26日で公開終了となってしまうので慌ててみてきました。
前回まではピアース・ブロスナンが演じていたジェームス・ボンドですが、
今回はダニエル・クレイグ。
ピアース・ブロスナンの端正な顔立ちのイメージが残っていたので
ダニエル・クレイグのボンドがあまり想像できなかったのですが、
始まってしまえば全然そんなことは忘れて、引き込まれてしまいました。

始めのマダガスカルでのシーン。
上空数十メートルはあろうかと思われる高所での
クレーンのアーム上でのアクションで引き込まれ、
徐々に自分の中のボンドとダニエル・クレイグが馴染んでいきました。

ちょっと陰がある風のボンドがかっこいい。
いいカラダしてます。頭もいい。かつセクシー。(^^;
アメリカ英語じゃなくてイギリス英語ってのも私の中では高評価(^^;

すぐ実力行使に出たり、出そうになってしまうところは
まだ"若い"って証拠なのでしょうか。

アストンマーチンにはいろんな機能が装備されていて、
通信機能はもちろん、AED(自動体外式除細動機)まであるとはねぇ・・・。
さすがは諜報機関。(?)

拷問のシーンもあるんだけど、
ナゼ、椅子の座面をくりぬいてるの?
ナゼ、ボンドは全裸でくくられてるの?
シンプルな拷問・・・振り回した錘を椅子の下から叩きつける・・・って

Σ(゚Д゚;)エーッ!!

痛みは私には分かりませんが、かなり辛そうでしたわ。

単純に娯楽作品として楽しめました。次回作も楽しみだ。
posted by もとり at 22:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。