2008年10月05日

『パコと魔法の絵本』

パコと魔法の絵本

昔々、大人の俳優に脱皮できなかった元有名子役や、
消防車にひかれたまぬけな消防士など、患者だけでなく
医者や看護師も変わり者ばかりが集まる病院があった。
中でも一代で自分の会社を築いた超ワガママ老人の
大貫(役所広司)は、一番の嫌われ者。ある日大貫は、
1日しか記憶を保てない少女パコ(アヤカ・ウィルソン)に出会う。
たった1日しか記憶が保てない少女パコのため、すてきな思い出を
作ってあげようと奮闘する大人たちを描いたファンタジー。

http://www.paco-magic.com/


役所広司、すばらしいです。
初めは本当に“クソジジイ”だと思ったけど、
パコにしてしまった自分の振舞い、
毎日明るく自分に話しかけてくるパコとその事情を聞くと
何かしてやりたい、パコの記憶に残りたいと願う姿は
“クソジジイ”の面影もない。

ストーリーを進行させる阿部サダヲ、
オカマ役の国村隼、ナース役の土屋アンナ・小池栄子、
自身を失った子役出身俳優役の妻夫木聡・・・
劇団ひとり、上川隆也、山内圭哉・・・
芸達者な役者がたくさん出ていて本当に面白かった。
そして泣けた。
パコ役の子、アヤカ・ウィルソンも良かった。

『下妻物語』・『嫌われ松子の一生』の監督、
中島哲也監督、公開前にいくつかテレビに出ていたけれども
現場はとても張り詰めた雰囲気でコワい監督だそうで・・・
でもこんな色彩に溢れてポップで笑わせつつもホロリとさせる
作品を作りだすところが不思議だ・・・。

途中、一度だけ、彦摩呂が出てきた。
エンドロールでは「いつ出てたの!?」という人の名前もあった。
うーん、一度見ただけじゃ分からないなぁ・・・。
posted by もとり at 17:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。