2005年12月21日

『ハリーポッターと炎のゴブレット』

「ゴブレット」のことを勘違いしてた。
ゴブリンのことかと思っていたよ・・・。orz
また怪しいキャラクターが出るのかと思ってた。
でもゴブレットって・・・杯だった。ワールドカップみたいな。
そこから青い炎がゆらゆらと出てたよ。


で、感想としては・・・(以下ネタバレあり)













面白かった。


けど、
原作がハードカバーで2冊になるような内容なのに
2時間半くらいに収めようってのが土台無茶な話だよな。

エピソードが唐突だったり、
ホグワーツでは当たり前のことだけど初めて観る側としては
これは何?ということが多々あった。

何で急にロンはああいう態度を取ったのか?
今までだってハリー・ポッターという超有名人の友達という立場だったのに。
いまさらなんで拗ねるかな。
クイディッチのワールドカップのことももっとやって欲しかったなあ。
あっという間に場面切り替わっちゃったしなあ。
テントを焼き襲ってきた人たちはなんだったのか?デスイーター?
なぜハリーがクラウチ・ジュニアが闇と通じていたとわかる場面に入り込んだのか?
あれはダンブルドアの記憶の中?
ヴォルデモートが復活するには何が必要なのかって知ってなきゃいけないもの?
なんででハリーの血が必要なの?
ヴォルデモートの魔法とハリーの魔法がぶつかったときになんで両親とかセドリックとか
出てきちゃうのー?

やっぱりロンはハーマイオニーがすきなの?
ハーマイオニーはロンがすきなのー?
クラムとダンスパーティに出たのはロンにクラムのサインをもらってあげるため?
ハリーがトライウィズトーナメントに出るときにハリーに抱きついたのは?

うーん・・・もう一度見るか、原作を読むべきか。。。



(レディージョーカーの原作もまだ読んでないのに・・・)


ワーナーブラザーズ・ハリーポッター公式ウェブサイト
http://www.harrypotter.warnerbros.co.jp
posted by もとり at 01:46| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然で申しわけありません。現在2005年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。トラックバックさせていただきましたので、投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://forum.nifty.com/fjmovie/nma/です。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2005年12月29日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本インターネット映画大賞
Excerpt:  映画ファンの皆様、毎年恒例の日本インターネット映画大賞(旧称:ニフティ映画大賞
Weblog: 日本インターネット映画大賞 in ブログ
Tracked: 2005-12-25 22:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。