2006年02月10日

信玄餅の正しい食べ方って?A


信玄餅の食べ方について調べていたら、
信玄餅そのものにワタシの認識違いがあったことに気がついた。
「信玄餅」という登録商標は 金精軒製菓株式会社のもので、
よく見る紫の包みの桔梗屋の信玄餅は「桔梗信玄餅」という名前だった。

へぇぇ〜、ふぅぅ〜んと思いながら各社のHPをみていた。
確かに、Q&Aやお客様からの声という欄では「桔梗信玄餅」とある。
一般消費者の心理からすると信玄餅=桔梗屋という気がしていた。
わざわざメールに正式名称は書かないのではないか?
とすると掲載する際に桔梗屋さんの担当者が正しい商品名に書き直してるんだな。
うーん、知らなかった。

--------
で、食べ方なのだが、桔梗信玄餅を想定して書いていた。
ので今回も桔梗信玄餅を想定して書くことにしました。

〜少し大人になった頃〜

ビニールのつつみをほどいて広げる。
黒蜜の入った容器を取る。
透明のフタをどける。
ビニールに餅ときな粉を全部取り出す。
その上から黒蜜をかけて混ぜて食べる。


といった具合。
これだと、ビニール上できな粉と餅と黒蜜の三つ巴になり
食べ終わったあとはかなりキタナイことになっていた。
でも豪快に混ぜ混ぜ、こねこねして食べるので開放感というか満足感はあった。


--------

今度は金精軒の「信玄餅」を食べてみたいな〜。
都内じゃ常設の販売店はないそうだよ。
山梨・・・今度長野に行くんだけど・・・売っていないかなぁ。


(つづく)

posted by もとり at 16:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。