2006年02月18日

下諏訪温泉@

諏訪大社秋宮


今回は下諏訪温泉。
まず宿を決めたので、なぜこの温泉地になったかという理由は特にナシ。

デパ地下で食料を仕入れ、当然のごとく、酒を仕入れた。
13:00発のあずさに乗って下諏訪駅で下車。
徒歩数分とのことなので歩く。

諏訪って・・・諏訪湖くらいしか知らん^^;
上諏訪駅には駅ホームに足湯があったなぁ。
下諏訪駅にはそれはなかった。なぜかTULLY'Sがあった。

駅前の商店街はちょっと寂れた感じ。人影はあまりない。
普通の交差点が何故か時間差でしかもスクランブルだった。
そして歩行者用信号が変わるのがエラく早くて焦った。

宿に着いた。こじんまりした和風旅館だ。
宿の人たちはとても感じがよく、アットホームな感じを受けた。
浴衣は複数の柄から好きなものを選ばせてくれた。

18:30の夕食までにはまだ時間があったので諏訪大社へ散策。

諏訪大社下社秋宮はすぐ近く。3分ほどで着いた。
大きな鳥居、大きな青銅の狛犬。
御柱が立ててある!これかぁ・・・。
この神社はヤサカトメノミコト、女の神様が住むところだ。
だけれども今の季節は春宮にいるらしい。
季節によって、春宮、秋宮といる場所が変わるのだそうだ。

大きな注連縄。一番最初の写真がそうです。
諏訪大社は縁結びにもご利益があるそうな・・・。

秋宮の後、春宮へ行ってみた。
途中、道端に蛇口があり、地元の人たちはポリタンクを持ってきて汲んでいた。
出ているのは温泉だった。
フツーに当たり前に存在する、蛇口から出る温泉ってすごいなあ。

日が暮れて、どんどん冷え込んできた。
寒さ対策、万全にしてきて正解だったわ。
めちゃめちゃ寒かったもん。

春宮は秋宮よりすこしこじんまりしたつくりだった。こちらも御柱が。
参拝時間はすでに終了していたけれども境内には入れた。
賽銭箱も撤去されてる!?と思ったところ、
台だとおもってたところ全体が賽銭箱だったから驚いた。

宿の人が「春宮に行ったら、万治の石仏も見ていらっしゃい」と言っていた。
万治の石仏とは何だろう・・・?
岡本太郎氏がいたく気に入って世に広めたのだそうだ。
ようやくたどり着いた。
なんとなく氏が気に入った訳がわかるような気分になった。

こんな感じ

万治の石仏

何だこれ!?

posted by もとり at 22:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13480896

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。