2006年02月19日

下諏訪温泉A

夕食も朝食も大満足。
夕食は・・・信州牛を石の上で焼いたんです。
ニンニクの効いた特性のタレで頂きましたがいやぁ、うまかった。
朝食は焼き立ての鮭と揚げ出し豆腐をはじめ7品くらい出たかな?
おなか一杯です。

今日は諏訪大社上社へ行こうということになり
宿の人に相談をしたところ、いろいろと教えてもらいました。
昨日の下社がヤサカトメノミコトがいるところですが
本日の上社は男の神様、タケミナカタノミコトがいるところだそうです。
多少長い散歩をしても大丈夫なら
諏訪湖畔を散策しながら上諏訪へ行かれてはどうですかと。
15分くらいで湖畔へ出て、湖畔沿いに上諏訪方面へ。
結構歩いた。

途中で休憩。

諏訪湖畔にて
湖面に石を投げ、ピョンピョンピョンと飛び石が出来るかチャレンジ。
なかなかうまくいかず、2回3回弾むとこまでかと諦めかけて
最後に投げたら5回くらい弾んであとは水面をコロコロ転がるように弾んで沈んだ。
いやー、何か嬉しい!

途中、休み休みしながらだけれども諏訪湖をだいぶあるいたところでようやく
北沢美術館に着いた。エミール・ガレの作品を多数展示してあるとのこと。
鑑賞いたしました。

すっごい歩いた。ホント疲れた。
すぐ近くに足湯があったので湖を見ながら足湯でリラックス。
結構たくさんの人が足湯に浸かっていた。
大人から子供まで、外国人の方も。

足湯

(足だけ撮るとちょっと異様?)

それからもっと歩いて上諏訪駅へ。
観光案内所で諏訪大社上社への行き方を聞いて出発。
「かりんちゃんバス」というローカル循環バスが出ていた。
タクシーなら上諏訪から2500円くらいかかるかもと言われていたが
かりんちゃんバスなら大人1人どこで降りても150円。スゲー。

上社は昨日の下社よりももっと歴史を感じさせた。
参拝の順路は回廊のようなところを通っていた。
とても古そうな樹齢の木々がたくさんあり
土俵、大きな太鼓のある神楽殿、宝物殿などいろいろあった。
時間も無いのでそそくさと参拝し、またかりんちゃんバスで帰った。

上諏訪へ戻ってきた。
上諏訪には酒蔵が何軒かある。
そのうちのひとつ、有名どころの「真澄」の製造元、宮坂酒造へ行った。
試飲は有料。300円でテイスティング用のグラスを買い、試飲をした。

2月からの限定出荷「あらばしり」@純米吟醸原酒生酒とA吟醸原酒生酒。
B純米吟醸酒辛口生一本C山廃純米大吟醸「七号」(実際は号虎という旧漢字)
D低アルコール日本酒「花まる」E梅酒F梅酢Gしそ酢
を飲ませてもらいました。グラスもかわいくてたくさん飲めて満足でした。

お土産にAとDとF、テイスティングはできなかったけど「山花(さんか)」を購入。
梅酢が思いのほか美味しくて、大きな壜で買ってしまいました。

駅まで戻って、念のため指定席で切符を買い、
他のお土産も買い、お昼を食べ損ねていたのでTULLY'Sで軽食。
帰りの電車は結構すぐ寝ちゃいました。
帰りの荷物は重かった・・・。


真澄website http://www.masumi.co.jp/index.html


posted by もとり at 23:45| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
300円払えば飲み放題なんすか???!
Posted by まっつん(部長っす) at 2006年02月20日 00:52
「まっつん」の偽物が出没してるみたいですな(笑)

まぁ、飲み放題っちゃ飲み放題ですな。試飲という名の(^^;
ボトルが空になったときに「おかわり」と言いにくいってのがあるけどね…。


(※出勤中、電車止まってヒマなのでコメントしてみました)
Posted by もとり at 2006年02月20日 10:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13486364

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。