2005年11月13日

奥多摩紅葉狩りツーリング

紅葉ツーリング第2弾。

奥多摩@

勝沼から塩山を経由し、奥多摩を目指す。
メインは奥多摩の紅葉と奥多摩周遊道路。

前回の寒さを甘く見たが故の結果を忘れず、防寒はバッチリ。
ただ失敗したかな〜と思ったのがスニーカー。
走ると風が靴の中に通るのが分かる。
これからはブーツにしよう。

最初は予想以上に早く行程が消化されていくのでやや驚いたが
余裕がある分にはまあいいだろうということで。

紅葉はとてもキレイだった。思ったより下まで来ていて
上はもう終わっているくらいだった。

奥多摩A


奥多摩B

奥多摩周遊道路の駐車場でアクシデント発生。


友達のバイクがこけた。
停めて、離れようとしたところバランスを崩して右側に倒れたらしい。
その瞬間は見なかったのだが、ブレーキレバーが折れていた。
工具のひとつを折れたところにつないで何とかカバー。
固定できないからどうしようかと思案していたところ、
見かねた男性ライダーが「ビニールテープありますよ」と分けてくださった。
ご親切にありがたい。。
それから、エンジンがかからない。。。
転倒した後はプラグがオイルで濡れているのですぐにはかからないと
分かってはいるが、十数分ごとにエンジンスタートを試みるがかかる気配なし。
じゃあ念のためにということで、プラグを抜き取り拭いてみることに。
といっても私や友達がしたのではなく、先輩にしていただいた。
(私と友達はバイクの仕組みがまるで分かっていないので・・・)
右側の一番端のプラグの溝はオイルまみれだったが点火部分はそうでもない。
右から2番目も念のためチェック。こちらはほとんど汚れや濡れがない。
プラグをもとに戻してまたエンジンスタート!

きゅるるるる、るるるるる

きゅるるるる、ボッ、きゅるるる、ボボッ、るるるる

「おっ!ボッ!って言った!もう一息!!」

きゅるるるるるるるっ、ボボッ、ブォォォォン!!

「おおおお〜!!かかった!かかった!よかったぁぁぁ〜」

さすがです。良かった良かった。

アクシデントにより早く進みすぎていた予定が、当初の想定と同じくらいになったので
そこから山を下り、遅い食事をとった。
店を出る頃には日も暮れて暗くなっていた。
五日市を17時に出て、自宅にたどり着いたのは19時半だった。

寒くなかったし、紅葉は見れたし、アクシデントはあったけど何とか切り抜けたし
よかったよかった〜♪

奥多摩の道はくねくねしてておもしろかった。
新緑の頃にも行ってみたいな〜。

エンジンがかかるのを待つ間、
派手なエンジン音をけたたましく鳴らしてあがって来る一団が通った。
一昔もふた昔も前のヤンキーみたいだった。
乗っている人はわりと年がいってる感じだった。
おもしれー。
posted by もとり at 21:22| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉぉ紅葉狩りいいな〜。
今私は酔っ払っているよ〜。

紅葉狩りはなぜ「狩り」というのだろうか。
Posted by pinetail♪ at 2005年11月15日 00:23
なんでですかねえ。

農耕民族が故の「狩る」ことへの憧れ?
Posted by もとり at 2005年11月17日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9296666

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。