2005年02月14日

パーマネント

伸び放題になっていた髪を切り、パーマネントをかけた。
どうも、自分のイメージを伝えるのが苦手で、
結局「こんなかんじで、あとはお任せ」にしているのだが、
スタイリスト(?)の好みと自分の好みはどうも違うようだ。
どちらも「いまどき」ではないのは確かなのだが・・・(^_^;;

まあ、でも今回のは2,3日経って落ち着いてきたがなかなかいい感じ。

春だしね〜♪

今週末はスキー。石打丸山ですな。毎度の。
posted by もとり at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

福ちゃんお誕生日

今日はうちのわんこ、福の1歳の誕生日である。

生後1ヶ月でうちに来たのが昨年3月。朝早く起こされたり、スリッパをぼろぼろにされたり、靴の中敷をはがされたり、タイミング悪く噛みつかれてしまったりもしたが、家族みんな福に癒されている。かーーーーーわいーーーーーんだもーーーーん(^O^)

ハッピバースデー、福〜♪




posted by もとり at 21:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

NHK契約解除

父が健在のころはNHKの受信料は払っていなかった。
それは集金人の態度が悪かったから。
一時期、ケーブルテレビ加入に伴い、衛星放送を視聴することもあるということから、地上カラー放送とともにBSの受信料も払うことになった。
数年後、ケーブルテレビ解約とともにBS受信料の解約はしたが、地上派カラー放送の受信料はしばらく払っていたのだった。もともと、受信料を支払うことが馬鹿馬鹿しいと思っていた私は、ここ最近のNHK不祥事によりさらに、受信料の支払いに不満を覚えるようになった。

「反NHK連合」というサイトを見つけ、契約解除すれば受信料を支払わなくてもよいということがわかった。このサイトは悪質な集金人の対応方法や内容証明送付の方法、法的解釈などを細かく説明している。解約の成功例、相談のBBSなどもある。「領収書作りますので名前を記入してください」といって書かせた紙は領収書ではなく実は契約書だったとかなどの詐欺的手法により契約してしまった場合の対応方法なども解約もしくは契約無効にさせる方法など親切丁寧に解説してくれているのだ。そこで事前準備として知識を得た。
そして、今日、いよいよNHKのコールセンターへ契約解除を申し出たというわけだ。

NHKからの受信料領収書のハガキを手にコールセンターへダイヤル。海老沢氏顧問就任への批判のためか、通話中の音になり、なかなか繋がらない。十数回試してようやく繋がった。
女性のオペレータが出て対応を始めた。

「解約したいのですが」
「お客様コードを教えていただけますか」
「***-****-***です」
「確認のため、ご契約者様のお名前、住所、電話番号を教えていただけますか」
 これに回答した。
「ご本人様でしょうか」
「はい」(本人の了承を得て電話しているため)
「解約の理由は」
「映るテレビが手元にないため。」(故障したとは言っていません)
「いつからでしょうか」
「昨日からです」「故障したテレビを今後修理する予定はありますか」
「今のところありません」
「パソコンやカーナビで放送を受信できる装置はありますか」
「ありません」
「かしこまりました。ではこちらから廃止届をお送りしますので2週間以内に返送してください。ただいまのお電話では予約という形になりますので、2週間を過ぎますと、予約が無効となり、手筒記されませんのでご注意ください。またまとめて受信料を先払いでいただいている分は引き落とし口座へ返金させていただきます。1ヶ月くらいかかることもございますのでご了承ください」
 とのことだった。

オペレータの名前を確認し、ひとまず電話を切って「やった!」と喜んだ。

あとは廃止の手続きをする用紙が届くのを待つだけだ。
こんな時期なので、支払い拒否件数はかなりの数になり、同じように解約申し込みも多数あるだろう。本当に処理されて用紙が手元に届くまで安心はできないが、一歩進んだということだ。

腐ってるぞ、NHK上層部。
海老沢氏を顧問に据えるとは何事だ。解任できず、辞任させてしまったくせに、まだ美味しい汁を吸わせるつもりか。
アホみたいな信じられない額の退職金のために受信料払ってるんじゃないぞ。
ああ、これからは払わなくてもいいと思うとスッキリするわ。
posted by もとり at 16:55| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

ダーツ熱再燃

おととし秋頃、友人の誘いでダーツを始めたが、その友人が冬に入りウインタースポーツに本腰を入れたため行かなくなってそのままだった。が、最近、職場の別の同僚がずっと続けていたらしく、また職場の一部でダーツ熱が盛り上がってきた。

土曜日の昼に集合し、5〜6時間投げっぱなし。さすがに疲れたが、そこで目覚めてしまった人や、お腹いっぱいになってしまった人など、結果に差が出た。私は目覚めた側になった。自分も手ごろな価格のマイダーツを持ってはいたのだが、マイダーツをお店で買った友人を見ると、新しいのがほしくなってしまった。決してダーツそのものが上手いわけではないので、道具そろえたってダメなものはダメなのだが…。

ダーツショップのサイトを見て周り、ダーツをカスタマイズすることで見た目の印象がずいぶん変わるものなのだとわかった。チップ、バレル、シャフト、フライトをそれぞれ好みに合わせて変えることで別の楽しみが出てきた。色を統一するだとか長さをかえるだとか・・・。

…またいろいろな出費が増えそうだ。

まずダーツとフライトをネットで注文。それから今はダーツケースを物色中。
ダーツメーカーのダーツケースはもちろんあるが、種類が限られており、ほかの人とカブったりすることがあるのと、一見ダーツケースに見えないようにしたいのとで、別のもので代用できないか思案中。
各種BLOGでは革でオリジナルをオーダーしたり、100円均一ショップで揃えたり、いろいろだ。見ていて「おっ」と思ったのが、吉田かばんから出しているporterのipod mini専用ケースがちょうどいいという話。porterのモノはそれなりにいい価格なので、コスメポーチやウォレットで代用できないかと試行錯誤中。

もうすぐモノが届くので楽しみだなぁぁぁ。
posted by もとり at 13:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

『ガラスの仮面』最新刊

早速友達から借りて読んだ。
友達いわく、これは単行本書き下ろしとのことだった。
また、花とゆめに連載していた頃の末期は亜弓さんが失明してしまい、マヤと速水真澄は宇宙で結ばれる(!?)といった、よく分からない展開になっていた記憶があるとのことだった。
…連載が中断されたのはもう15年も前のことらしい。

今回、15年の歳月を経て描かれたその続きは、登場人物の顔つきはそのままだったが、桜小路くんが携帯電話を使っていた。話の筋よかそっちに驚いた。今風だ。あと、桜小路くん、バイクに乗っていただろうか?これもびっくりだ。
紅天女の話はあまり展開はなく、それよりも、マヤ・速水真澄・桜小路の関係を描く方にチカラを注いでいるようだ。 昼メロかレディースコミックかよと呆れてしまった。

一番ひいたのは、携帯電話のカメラで撮ったマヤとの写真を見て、携帯の画面にキスをする桜小路。

ちょーっとそれはねぇ…。

このマンガ、作者が死ぬ前に完結するんだろか。

posted by もとり at 07:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

深夜枠の日本語バラエティ

年末年始の特番が多いなか、
日本語に関するバラエティ番組を2つ見た。
「日本語道場 やぱんすか」と「タモリのジャポニカロゴス」
どちらも深夜枠、どちらもフジテレビだった。
どちらも金田一秀穂が出ていたなあ。

やぱんすかのふかわりょうの司会はおいといて、
江戸っ子言葉やヤンキー、ギャル語などを
敬語に直しなさいという問題は面白かった。
ジャポニカロゴスでは新明解国語辞典の紹介も行っていた。
小中高と私はこの辞書を愛用していました。
はたしてよかったのだろうか…?
とても主観を持った辞書だということを知ったのは大分後のことで、
「新解さんの謎」という本も買ってしまいました。

ジャポニカロゴスの一番の名場面は
若村麻由美が「大笑い」「高笑い」「馬鹿笑い」を演じ分けたところ。
感動すら覚えていたかもしれない(笑)

深夜枠のままでいいから
こういう文科系語学エンタテイメント番組はやってほしいなあ。

新明解国語辞典を読む
posted by もとり at 00:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

ウチのわんこ

image/ch-r-2005-01-03T19:58:13-1.jpg

兄夫婦と2ヵ月の甥が泊まりにきて、
赤ちゃん最優先のため、ほぼ繋がれっぱなし。
いつもは家の中では自由にしていることが多く、
ストーブのど真ん前に陣取って
こんな感じで居眠りしてます。
熱さもものともせず…。
感じないんですかねぇ。


明日からはまたいつもの毎日に戻るでしょう。
posted by もとり at 19:58| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

一月一日

日の出

と〜し〜の〜は〜じめ〜の〜た〜め〜し〜とて〜♪

というかくし芸大会のテーマソングが
「一月一日」だと知ったのは
そんなに前のことではありません。

あけましておめでとうございます。

2005年が始まりました。
特に年が明けたという実感がないのは
いつもの年末年始にやっていたことをしてないからか。
元旦の初詣も行かなかったしな。
年賀状も4枚しか書いてなかったしな。

今年の目標「富士山に登る」

さて、どんな1年になるでしょうか。楽しみです。
posted by もとり at 17:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

すげー雪。

image/ch-r-2004-12-31T15:29:23-1.jpg

ウチの窓からの景色です。
この時期に積もるほどの雪って珍しいよなぁと思っていました。
明日の初詣はナシかなぁ・・・。

ところで、ワタクシのホームページですが、
PCを再インストールしてしまい、、
作成ソフトがなくなってしまったので、
トップページの写真更新ができません。
いつまでも秋で申し訳ない・・・。

どうしようかなぁ。
とりあえずBLOG書いていきますんで、来年もよろしく。


(・_・|…RIE…|・_・)ノ"
posted by もとり at 15:29| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

オムライス

今晩のメシを私が作ることになった。
ばあ様の好みも考えてオムライスにすることにした。

ごはん、タマゴ、エビ、タマネギ、ニンジン、
トウモロコシ、アサリ、グリーンピース
を用意した。
ケチャップライスを作り、あとから
ふわふわトロトロたまごを乗せるイメージで挑んだが・・・。

ふわふわだったがトロトロではなかった。残念。
成長してないなー。私。

*---*---*---*---*

数年前、会社の人たちとスキーに行ったとき、
朝食にタマゴ焼きをつくって出したら、
「これはタマゴ炒めだ」と先輩方にダメ出しをされたのだ。
その中の一人に完璧な出汁巻き卵を作ってみせられて
返す言葉もなく撃沈。うう。

*---*---*---*---*

・・・という記憶がよみがえり、苦笑。
posted by もとり at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

年賀状作成

今年もらった年賀状がどこかへいってしまった。
探してみたが見つからない・・・
しかたがない。確実なところだけ送るか。

と思い、4枚宛名印刷を行ってふと気づくと
すべて名前に「子」がつく友人だった。

へぇ〜

となんとなくひとりで感心してしまったクリスマス。
posted by もとり at 18:29| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

人身事故遭遇

久々に仕事で外出することになった。
客先での作業を終え、会社に戻る途中、
地下鉄のある駅で電車を待っていた。すると、

 「キャーッ」

という若い女性の叫び声が聞こえ、

 「プアアアアァァァーーーーーーン」

と電車のクラクション?警笛音が大きく、長く鳴り響いた。
ホームの途中で電車は減速し、先頭車両は私の目の前で止まった。
何事かとホームで待っていた人たちはざわめく。
運転士があわてて電車から降りてくる。
電車のドアは閉まったまま。
電車の中の人はドアが開かないので分けが分からず困惑顔。

人身事故か!?
駅員がホームから線路に降りて電車の下を確認している。

うわ、うわ。(動揺)

あの叫び声はそれだったのか・・・。
救急車、消防車のサイレンが次々に聞こえてくる。
警察も来た。レスキュー隊も来た。

10分か15分くらいでホーム途中にとまっていた電車が
定位置まで動いて、乗客を降ろした。
レスキューの人が目撃者や関係者を探す呼びかけを行っていた。
私は声しか聞いていないが、向かいのホームのおじさんが
「こっちに出てきて、ホームに上がって行っちゃったよ」
と言っていた。どういうことだろう。

電車は回送電車になり、行ってしまった。
電車がいなくなった後のホームをみんな一斉に覗き込む。
よくわからなかったが、それらしい痕跡は、なかった。

5分ほどして次の電車が来るアナウンスがながれた。
事態がよくわからないのがもどかしいので
警察官が無線でやりとりしているのをこっそり聞いてみた。

どうやらこういうことらしい。
電車が来たタイミングで線路に飛び降りたのは確からしい。
飛び降りたのだが、幸か不幸か、電車が来るよりも少し早く、
かつ勢いよく降りたため、電車に接触することなく
反対側の線路に飛び出てしまったらしい。
ということで、
本人は無事(?)だがすぐ立ち去ってしまったのか、
見当たらないので探していた・・・
というところだろうか。

ひとまず、助かったということで、ホッとして電車に乗り込んだ。
でも、やっぱり後味が悪いというかなんというか。
失敗したということは、どこかでまた実行するんだろうかと
電車のなかで考えてしまったりしたのだった。

posted by もとり at 11:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月07日

我が家の犬との戦い

ウチでは柴犬を1匹飼っている。
福という名のオスである。
10ヶ月になろうというところだろうか。
人間でいうと15〜6で、生意気盛りなのである。

家族構成が祖母、母、私の三人なので男性が
いないためか、どうも自分がこの家族のトップ
なのだというつもりでいるらしい。
だから散歩に行くときも、先に歩いてグイグイと
引っ張っていくし、飛びついたりじゃれて噛むのも
度を越した強さなのだ。

昨日、居間でテレビを見ていた。
パン屋で買いものをしてきたビニール袋の傍らで
福が伏せをしていた。私がトイレに行こうと
立ち上がりかけたところ、
いきなり福が私の腕に噛みついた。
じゃれていない。本気で噛んだのだ。

あっけに取られたのと様子見でじっとしていたら、
パッと放したがその後すぐにもう一度噛みついた。
とりあえずやばいので福を振りほどいて離れた。

すごく痛い。

傍に居た母親がリードをつかんで動きを抑えたが
「ワンワン」どころか「ガウガウ」吼えて
飛びかからんとしている。
パンを見張っていたところを私に奪われそうに
なったから噛みついたというところだろう。
だが、そんなことでいちいち噛みつかれたのでは
たまらないし、第一そのパンは犬の福のものではなく
私達家族用なのだ。

普段あんだけかわいがっているつもりなのに、
一変して噛みつかれると痛いのとショックなのと
悔しいので涙が出てくる。

今日と言う今日は、
上下関係をはっきりさせないといけないと思い、
徹底的に叩いた。それから、噛まれてもいいように
バイク用の皮手袋をはめて、福の足をつかみ、
仰向けにさせて腹を見せさせて動かないように
組み敷いた。福はものすごい力でその体勢から
逃げ出そうと抵抗したが、それでも動けないように
して上からにらみつけてやった。あらがう力が収まり、
観念したように見えたが、しばらくその体勢で
抑え続けていた。数分して放してやったところ、
福は一目散に逃げ出した。

また、寂しくて構って欲しかったり、
おなかが減ったりしたときなども鳴くので、
webで探した無駄吠えを止めさせる方法を試してみた。

空き缶に小石をいくつか入れて、蓋をしたものを作り、
吼えたら缶を福から見えない位置から投げてみた。
大きな音がしてビックリするのか、吼えなくなった。
それからおとなしくなった。効果てきめん。驚いた。
その後も、鳴いたらその空き缶を数回振って音をさせる
だけで、小屋におとなしく戻っていくようになった。

これからの経過を見て、愛犬との距離感と上下関係を
再度わからせないといけない。


マジ痛いんですって。噛まれると。
腕に穴開きます。
皮膚裂けて肉見えます。痕も残るし・・・。

posted by もとり at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

mixi?

moroからmixiにお誘いを頂いていた事に気づいていなかなかった(^_^;)ゴメンネ
posted by もとり at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月05日

スタート!

いまだによく分からん。

とりあえずやってみた。

テキトーにやろう。

書きたい時に書く。

よろしう。

gash
posted by もとり at 13:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年03月04日

悪寒。

ダルい。
眠い。
インフルエンザ?
でもいつもの風邪の前触れのような症状はない。

明日、起きられるかなぁ・・。



posted by もとり at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年02月28日

掲示板に書くよりは
日記に書いたほうがいいだろうなと
思ったネタがあったのだが。

忘れてしまった。

ちぇ。

思い出すこともなさそうだ。

思いついたらすぐ残しておかないとダメだな。

ちぇ。



posted by もとり at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年02月25日

会社も4月で6年目に入る。
年齢も今年で28になる。
毎日仕事に追われて
あっという間に誕生日が来るんだろう。

このまま数字と対応に追われて
毎日過ぎていくのかと思うと気が重くなる。

ある時決心して
自分のやりたいことに飛び出していった人たちの
晴れ晴れとした様子を知ると
否が応でも自分の姿と重ねてしまう。

奥のほうでグツグツと煮詰まっている
ドロドロとしたものを掬い取らないと
そのまま溶岩のように固まってしまう

早く、早く、早く。


これからをどう生きるか?

何ができるのか?

何をしたいのか?




posted by もとり at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年02月21日

吉田兄弟。

先日、チケットを2種類、電話をかけ続けて予約した。

ひとつは、「欲望という名の電車」。舞台だ。
堤真一と・・大竹しのぶ?だったっけか。忘れた。
前に野田秀樹の舞台で見た堤真一がなかなかよかったので。
(や、ホントは上川隆也のやつがよかったんだけどさ。)

それから、吉田兄弟。
三味線を弾くナイスなにーちゃん二人組だ。
津軽三味線なら高橋竹山とか名前は聞いたことがあるが
ちゃんと聞きにいくのは初めてだ。

風薫る5月、渋谷の街に三味線を聴きに行こう。




posted by もとり at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年02月10日

アルツ

ブレードやってきました。
磐梯山のアルツスキー場で。

広いスキー場。
たくさんの人・人・人。
広いだけあって、コースも多くて、
ひとつひとつが長ーい。
疲れますね。
体力もガタ落ち。

せっかくのおニュウの板も出番が少ない。
ま、仕方ないですかな。

温泉に浸かって、カラダほぐして、
お酒飲んで、寝ました。
気持ちよかった。
楽しかった。






posted by もとり at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。