2006年04月16日

コクーン歌舞伎 『東海道四谷怪談』

ポスター  のぼり


四世 鶴屋南北・作
『東海道四谷怪談』(南番)

演出・美術: 串田和美
   出演: 中村勘三郎、中村橋之助、中村七之助、笹野高史 ほか


歌舞伎座では何度も見ているが、
このBunkamuraシアターコクーンでやるコクーン歌舞伎は
すでに12回目となっているのに今まで見たことが無かった。
今回は第1回コクーン歌舞伎と同じ演目、『東海道四谷怪談』。

恥ずかしながら、四谷怪談という話はちゃんと知らなかった。
お岩さんがでてきて「うらめしや〜」と言うのかしら、って程度。
どうして顔や髪がそんなことになっちゃったのかとかもよく知らない。
今回よーくわかったのでその点でも良かった。

勘三郎はお岩、小平、与茂七の3役。
お岩さんの夫、民谷伊右衛門ってのは、
もともとけっこう酷いやつなのだが、いやいやほんとに悪い奴だね〜。
それを橋之助が演じている。
(ホントは「田宮」なんだろうけど、
 歌舞伎は実名禁止らしいのでちょっと文字ったりしています。
 例えば忠臣蔵の大石内蔵助→大星由良之助って具合。
 だから今回も「田宮」→「民谷」になってるのだそうだ。)


(筋は書くと長いので省略(^^;)

砂村隠亡堀の場
化けて出るお岩さん、神出鬼没。女の恨みは怖いねぇ。


シアターコクーンの1階席の前半分の椅子を取っ払い、
座布団を敷いた平場での鑑賞となった。
通路際の2席で見ていたのだが、
花道代わりに通路を通るので、役者を間近でみることができた。
また、平場の席を横切ったりもして(^^;
一番驚いたのは、後半、お岩の怨念が伊右衛門を追い詰めていく場面で
通路の床板を突き破って、下からお岩が飛び出してきたのだ。
私たちの席からは2列ほど後ろだったが、
振り返るとそこにお岩の後姿があるんだからびっくり。
飛び出してきたお岩のすぐ横にいた観客はギャーっと叫ばずにいられません。
で、お岩さん、伊右衛門の仲間を引きずりこんで殺してしまいました。
こわ…。

他にも鼠がたくさん現れたり、
客席に潜んでいた追い詰められる側の役者が突然叫んで出てきたり
壁にとりつけてあった大きな提灯が燃えて、
燃え尽きたところからお岩が飛び出して宙を漂っていくとか
びっくりする仕掛けがたくさん。

舞台には水を張った池だかお堀だかが用意されていた。
終盤、水に飛び込むシーンもあるものだから、
幕間に笹野高史と七之助が出てきて、
防水のためにカッパやシートを前5列ほどに渡して、そのことを説明。
「捕手がタタタタッと来て、クルッと宙返りしたら、
 ドボンと飛び込みますから、そのときにシートでパッと避けて」
ですって。
最前列のど真ん中の男の人は、MYカッパ持参で来てました。すげ。

で、その場面になるとこっちもドキドキ。
伊右衛門を捉えようとする、たくさんの捕手を相手に立ち回り。
ひとり、またひとりとクルッ、ドボン、バシャーッ。
すごーい。ほんとに水飛沫が飛んでるし、かかってるし。

伊右衛門(橋之助)VS与茂七(勘三郎)の一騎打ちとなったときも、
二人とも水に飛び込むわ、
腰ぐらいまである水のなかで立ち回るから刀を振るうたびに
水がまた飛ぶわで大興奮。
最後まで楽しめて拍手が鳴り止みませんでした。

劇場内

普段は飲食禁止の劇場内も、今回は歌舞伎だからか、
席で飲食していいってなってた。
お弁当を買って、ビールを片手に席に着いたが
座布団の平場。スペースが狭い。物を置く場所がない!
脱いだ靴、上着、バッグ、お弁当、パンフレット。
ましてやコップを倒したら回りに迷惑がかかるし
足の置き場も困るし、いろいろ大変。
ビールのんだからトイレ行きたくなったけど、
開演から休憩まで2時間ノンストップ。
休憩になった途端に、靴を履いてたくさんのひとがトイレにダッシュ。
私もそのひとりでした(^^;
そんなことを含め、いつもと違う座布団席は面白かった。
舞台もすごく近いしよーく見えた。

平場席13000円でちょっと高かったけど、大満足♪
posted by もとり at 23:54| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

第6回 炊き込みご飯・白身魚の香味蒸し

炊き込みご飯&鱸の香味蒸し

炊き込みご飯
鱸の香味蒸し
金時豆の甘煮
かきたま汁    の4品。

この時期に炊き込みご飯と聞けば、たけのこを入れるのかと思いきや、
残念ながら入ってなかったです。

今日は炊飯ジャーではなく、文化鍋で炊きました。
鶏もも肉、しいたけ、にんじん、油揚げ、ごぼうとオーソドックスな具でした。
鍋の火加減が微妙で時間もちゃんと測らなきゃいけなくて
忙しかったです。
中火〜弱火〜強火〜消火
終盤の強火はわずか5秒!水分を一気にとばすとかで…。
おこげもほどよく出来てて美味しかった。
やっぱ少しでも鶏肉が入ることで旨味が出てくることを実感。

それ以上に美味しくて感動したのが白身魚の香味蒸し。
今回は鱸(スズキ)を使いました。
たいしたことをしたわけじゃないのに美味しかった。

@切り身に少し上から塩を振る。
A酒を振る。
B葱と生姜を細く刻む
C耐熱皿に切り身と葱・生姜を盛り、さらに酒を振る。
D蒸し器で10分。
Eポン酢(レモン汁・醤油・だし汁)を作る
できあがり。

塩と酒とネギとショウガでこんなにふっくらジューシーで
薬味のいい匂いがしておいしくなるのかと驚きでした。
ポン酢なくても十分いけます。

※「ポン酢」と書くのに材料に酢がないのでこれも驚き。

後は金時豆の煮物とかきたま汁。

炊き込みご飯は、ウチでするときは炊飯ジャー、
香味蒸しは電子レンジでやることになるのかな?
蒸し器があるから使ってみようかな…。

次回も楽しみだ♪

posted by もとり at 22:56| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

花見日和♪

弘法寺の桜

友達と花見をしてきました。
友達の地元、市川にて。

市川駅からしばらく歩いて文学の道へ。
京都の哲学の道みたいな感じ。(川はないけど(^^;)
しばらく続く桜並木を楽しみながら弘法寺へ。

観桜会をやっていた。
着物姿の女性が和琴やフルート(?)の演奏。
なぜフルート…。

ここは大きな枝垂桜がある。

弘法寺の枝垂桜

去年も見に来たのだがそのときは夕方だったので…(^^;
今回は晴天に恵まれてとてもキレイな姿を見せてくれた。

いやぁ、市川という土地柄はなんとも自由ですねぇ…。
寺の境内では飲み食いしてはいけないのかと思いきや、
焼き鳥屋の屋台は出ているし、
寺の軒先に陣取って飲み食いしている若いカップルも
お咎めナシ?いやぁ。春なんですかねぇ(^^;

そこからまた歩いて今度は和洋女子大の脇を抜けて
里見公園へ向かったのだが、その手前で
こじんまりした公園にも桜がまとまって咲いていて、
地元の人たちがのんびりと花見をしていた。
その一角というか隅にこしかけて休憩。
さて、前もって買い込んでおいた生絞りでカンパーイ!

生搾りで乾杯☆

オイシイっす。花見ばんざい。

ずっとそこにいても良かったのだが、
一応今日のメイン、里見公園を目指す。
江戸川沿いに一旦出て、公園までひと歩き。

いやぁ、さすがです。賑わってます。
警察の詰め所ができるくらいです。
老若男女、のんびり花見に興じています。
あ・・、コドモははしゃいでいるだけかもしれませんが…。

偶然いい場所が空いていたので早速シートを広げて
2次会開始!
陽射しも暖かいし、天気だし、
桜の枝は近くまで下りてきていて眺めはいいし。

里見公園の桜

サイコーです。

陽が暮れるまで飲んで食べてしゃべって
寒くなったので帰ってきた。

いやぁ、今日は花見としては95点!
陽が暮れた後の寒さ対策忘れちゃったから5点マイナス(^^;
自分が悪いんですけど(^^;
桜はサイコーでした♪
posted by もとり at 00:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

『ロンゲストヤード』

the longest yard.JPG

1974年に作られた同名の映画のリメイク。
ある刑務所の囚人チームと看守チームが
フットボールをすることになったのだが…。


試写会のはがきが来たときには
「うわ、男臭そうな映画だな…」と引き気味でしたが
せっかく当たったのに行かないのはもったいないと思い観て来た。

筋はなんとなく知っていたけれども、面白かった!
1時間50分が結構短く感じた。
久しぶりに楽しめる娯楽作品を観たという感じ。
(そんなに観てる訳じゃないんだけど…)

八百長でフットボール界を追われた元NFLのスタープレーヤー、
ポール・クルーは車窃盗・飲酒運転などで捕まって
懲役3年が決まり刑務所行きに。
そこは看守がフットボールチームを作りセミプロ並みに活躍していた。
所長の差し金でフットボールチームを強くするために、クルーは
初めからこの刑務所に入所するよう仕向けられていた。
チームを強くするには弱いチームと調整試合をするのが一番だと
アドバイスしたところ、所長はじゃあキミが対戦チームを作ってくれと強要。

そこからチーム作りが始まる。


男だらけで札付きの凶悪犯が集まっているので
チームとしてまとめるのも一苦労だが
悪戦苦闘しながら逸材を見つけてはチームに誘い、
戦力アップしていった。

途中、いじわるな所長や看守らの邪魔が入るけれども、
看守への仕返しをすることを励みに囚人たちががんばるんだな。

さて、囚人vs看守のフットボールの試合は…?




だいたい結果は想像しやすいと思うが
試合展開や作戦など見ていて面白かった。
フットボールが分かっていなくても楽しめると思う。
途中、ふんだんに笑いが散りばめられていて、客席でも笑いが起こってた。
終盤、ハッとしたりハラハラしたりスカッとしたりと
いろいろ出来たので楽しかったっす。

余談だがこの試写会自体がスポニチ・とんかつ和幸presentsだったので、
アンケートに答えただけで和幸500円引き券をなぜだか頂いた。
ありがたく使わせてもらおう。
今回は楽しく見れたしおトクな試写会でした。
posted by もとり at 00:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

東京ディズニーランド

シンデレラ城

いやぁ、いつ以来だろう?
東京ディズニーシーはオープン初年に行ったが(それでも結構前だが)
東京ディズニーランドもかなりのご無沙汰だ。
春休みとあって平日でも大混雑。
子供連れ、子供だけ、学生カップル、外国人ツアー客などさまざま。

今回人々が身につけているもので目立ったのはカチューシャだ。
昔はプラスチックでできたミッキーかミニーの耳の形のものだけだったが
今はすごいのね。いろんな耳や耳以外のものをつけていた。
プリンセスのイベントをやっているので、ティアラのついたものとか
ヴェールのついたものとかがたくさん。
ミッキー、ミニー、プーさんもあったかな?ピグレット、(リロ&スティッチの)スティッチとかもうとにかくイロイロですよ。
あとパッチン止めの1コずつに耳がついたタイプ。
それから被り物ちっくなスッポリ丸ごとの帽子。
豹柄とかもあったりして・・・

頭以外では・・・ティガの尻尾をカップルで大小それぞれつけてる人がいた。
二人並んでるとかわいく見えた。
頭はプーさん、お尻はティガっていう小中学生もいたけど(^^;

あと、驚いたのがポップコーン!
大概の人が大きなキャラクターデザインの専用ケースをぶら下げていた。
売り場に長蛇の列!
ソルト、キャラメルあたりは他の場所でもよく見かけるので特別何とも思わないが、
ハニー、チョコレート、カレー、それからクリームソーダ味!
すごくないですか?いやあ、ポップコーンも進化したなぁ。
クリームソーダ味を食べきる自信は無い・・・(^^;

今回はアトラクションはそんなに回らなくてもいいやって感じでいたんだけど
終わってみれば結構満足な感じだった。
ファストパスってすごいんだねぇ。
あっという間に搭乗するところまで着いちゃったりして。
次はいつになるやらわかりませんが、また工事してたので
広がったり新しくなったりと、私たち来るものを飽きさせないよう
変化をしていってくれるのでまた次が楽しみです。

ミッキー
 ↑
パレードを見てたらたまたま目の前でミッキーが結構な時間止まってくれた。
ラッキー♪
posted by もとり at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

焼肉京城(水道橋)

いまはバラバラになったかつての職場の仲間と、
メンバーのひとりの結婚を祝う会を焼肉屋で行った。

何度も訪れているがいつも混んでいる。
しかも今回は2時間制になってしまった。

(ホームページより)
焼肉京城へようこそ!
当店は「松阪肉牛販売指定店」「近江肉牛販売指定店」に指定された
焼肉店です。肉の芸術「松阪牛」「近江牛」を、お手頃な価格で
心ゆくまでご賞味くださいませ。

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) に、肉の芸術ですって!

エレベータの中にはいろいろ張り紙が。
生で食べても大丈夫なくらいいいお肉を使っているということが
これでもかと書いてある。
片面5秒、返して5秒。これで食べれるんだって。

タンもホルモンも美味しかったよぉぉ。

恵比寿店も出来たんだなぁ

焼肉 京城 ホームページ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~keijyou/
posted by もとり at 21:14| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

第5回 五目寿司

前回休んだから2ヶ月振りの料理教室でした。

今回は

五目寿司・ささみと三つ葉の澄まし汁・きゅうりのむらさき漬け

の3品です。

五目寿司

ご飯はたいてくれるので、具を作った。

・干し椎茸
・高野豆腐
・ニンジン
・かんぴょう
・蓮根
・さやえんどう
・海老
・錦糸卵
・切りゴマ

干し椎茸&かんぴょうを濃口醤油メインで煮て味付け。
高野豆腐&ニンジンを薄口醤油メインで煮て味付け。
蓮根は酢・砂糖・酒などで水分がなくなるまで炒り煮。
海老はよく洗って背わたを取り、酒・塩でゆで、
殻を取り、半分に切る。
薄く卵を焼き、細く切って錦糸卵にする。
ゴマを刻む。

ごはんは混ぜる酢の水分を差し引いて炊き、
炊き上がったらすぐ合わせ酢をまぶす。
すぐには混ぜないで、数秒、下のほうまで浸み込むのを待ち、
しゃもじで切るように混ぜる。水分が飛んできたらうちわで扇いで
さらに水分を飛ばす。ごはんつぶにツヤが出てくる!
ゴマをまぶし、具をまぶし、盛り付ける。

お吸い物のササミ、削ぎ切りにして、酒と塩で下味をつけ、
片栗粉をまぶしてコーティングしてから茹でる。
三つ葉は結んでおく。
これで鰹節で取った出汁に塩味をつけて盛り付ける。

このササミの片栗粉をまぶすひと手間をかけることで
ツルッとした食感が得られる。初めて!

きゅうりのむらさき漬けのむらさきとは醤油のこと。
寿司屋で「むらさき」といえば醤油のことらしい。
鷹のツメを程よい大きさに刻んで漬けておく。

これで出来上がり!

五目寿司A

まじ上手かったッスΣ(・Д・ノ)ノ アウッ
posted by もとり at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

第3回 鯖の味噌煮

いやぁ、アップするの忘れてました。3回目。
 
鯖の味噌煮です。
家では普通に食べてるけど、自分で作れるなんて思わなんだ。

鯖の味噌煮

どーです?これ。
美味しそう!
美味しかったです。ほんと。
鯖の脇に添えられているのはネギ。
最後のほうで鍋に入れたんだけど、
風味もつくし、トロリとしていて、こんなにネギ美味しいんだぁと
素直に感動しました。

第4回は風邪でダウンしたので欠席。
来年に繰越です(´・ω・`)ショボーン
posted by もとり at 00:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

デザイン変更。

予定通り、おひなさまのデザインを終了。

暖かそうなベージュにしてみました。

なんでって?

これを書いてる今現在がめちゃめちゃ寒いから!

posted by もとり at 01:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

『イーオン・フラックス』

イーオン・フラックス イーオン・フラックスA

moroに試写会のはがきをもらったので行ってきた。
意外とすんなり上映が始まったのでよかった。

楽しめたかな?突っ込みどころは結構あったな。
不自然な「和風」がちりばめられていて違和感たっぷりだった。
畳と掘りごたつ、日傘のように和傘をさしているし、
クライマックスはなぜか桜が咲き乱れていたり・・・
カントクの趣味かしら・・・^^;名前が「クサマ」だもんね。

SFは話を理解して入り込むのに時間がかかる^^;
(・・・っつか最近どれもそうなんだけどさ・・・)

足が手になっちゃってるおねぇさん、どうしちゃったの!?
足が手になってるから、サルのようにいろいろ物が掴めて便利?
イーオンに「あなたもどう?」と言ったら、
イーオンは「あたしは靴が好きなの」って切り返し。
アタシもやっぱ靴が履きたいわ。
イーオンも、男の人も、何発も弾当たってるよね!?結構丈夫なのねん^^;

頭の中に出てくる反政府組織のリーダー、あれは何者だ!?
ハンドラーっていう人?らしいんだけど、めちゃめちゃ偉そうな態度よ。
政府を倒すことが最終目的なんだろうけど・・・
イーオンやシサンドラが方針転換しちゃってから最後まで、全然出てこなかったよ。
消え去っちゃったのかしらん・・・。

90分でちょうどよかったかも^^;
posted by もとり at 23:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。